FC2ブログ

健康 医学 症状

健康、医学、いろいろな病気、病状、けが、症状と、それらに関する情報について書いていきます。

 

楽天デリバリー

スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足に陥り

スギ花粉症などの症状(水っぱな、鼻詰まり、くしゃみ等)のために夜間しっかり眠れない場合、それが元凶で慢性の睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからの仕事に悪い影響を及ぼすこともあります。
脳卒中のくも膜下出血は90%弱が脳動脈りゅうという脳内の血管にできたコブが破れてしまうことが原因となって起こってしまう病だということを多くの人が知っています。
メタボリックシンドロームとは診断されなかったとしても、臓器に脂肪が付着しやすいようなタイプのよくない体重過多になってしまうということで、複数の生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持っている精液や血液のほか、女性の母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、看病する人などの粘膜や傷口等に接触する事で、感染する可能性が高くなります。
UVB波は、UVA波より波長が短く、オゾン層を通過する際に一部分が吸収されるのですが、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、肌に良くない影響を与えることが明らかになっています。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨の間に存在してクッションと同様の役目をする椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい円形の組織が飛び出してしまった症例のことを称します。
素人が外から眺めただけでは骨が折れているかどうか分からない時は、ケガをした部位にある骨を優しく指で触れてみてください。その箇所に強烈な痛みが響けば骨が折れているかもしれません。
もしも血液検査で現時点での卵胞ホルモンなどの分泌量が足りずPOF(Premature Ovarian Failure)と分かった場合、足りていない女性ホルモンを足すような治療方法で緩和することができます。
クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の痒み・ゴロゴロする感覚などの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーを起こす花粉の放出される量に比例するように悪化してしまう特性があるというのは周知の事実です。
春に患者が増える花粉症とは、森のスギや檜などの決まった時期に飛散する花粉が素因となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を起こしてしまう病気だといえます。
胃食道逆流症の一つである逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことや能動喫煙・アルコール・体重過多などのライフスタイルの悪化、ストレスなどに縁り、最近、日本人に増加しているという病気なのです。
患者数が増加しているうつ病では脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りなくなり、不眠、強い憂うつ感、疲労感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が心身に現れるのです。
H17年2月より新しく特保(特定保健用食品)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の文章を表示すること義務化した。
脂溶性であるビタミンDは、カルシウムが吸収されるのを補助する特徴が特に有名で、血液中のカルシウム濃度をコントロールして筋肉の機能を適切に調節したり、骨を生成したりしてくれます
肝臓をいつまでも健やかにキープし続けるためには、肝臓の有害物質を無毒化する力が衰えないようにすること、別言すると、肝臓の老化対処法を開始することが効果的だと思われます。
スポンサーサイト



基礎代謝は人間が動かずにじっとしていても使う熱量のことで、大方を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓

基礎代謝は人間が動かずにじっとしていても使う熱量のことで、大方を身体中の筋肉・最も大きな臓器である肝臓・多量の糖質を必要とする脳で占めると言われているようです。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みの制御、器官の覚醒などを支配していて、単極性気分障害(うつ病)の患者さんではその力が弱いことが分かっている。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、身体の中の脂肪が占有している割合を指し、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(キログラム)×100」というシンプルな数式で表すことができます。
グラスファイバーで作製されるギプスは、強靭で軽量でとても持ちが良く、濡らしてもふやけないという利点があるため、今の日本のギプスの中でも主流だと言われています。
自転車事故や山での滑落など、著しく強い負荷が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が発生してしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、さらに重症の時は臓器が損壊してしまうこともままあります。
日光を浴びると生成されるビタミンDは、カルシウムが体内に吸収されるのを補助する特徴が特に認知されており、血液の中のカルシウムの濃度を操作して、筋肉の活動を適切に操ったり、骨を作り出します。
肝臓を健康な状態に保持するためには、肝臓の有害物質を分解する作用が衰えないようにすること、要するに肝臓の老化対策を迅速に開始することが効果的だと思われます。
鍼を体に刺す、という物的な程よい多数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと言われる電気信号の伝達を発起させると考えられているのです。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけないもの」「除去すべきもの」ものと捉えがちですが、其の実、我々は様々なストレスを抱えるからこそ、生活していくことに耐えられるのです。
暴飲暴食、肥満、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢というような様々な因子が合わさると、インスリン分泌が減少したり、働きが落ちたりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発病することになります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)のインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまい、あろうことか膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなって発症に至るという種類の糖尿病です。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査のGOTやGPT、γ-GTP等3つの値でモニタリングできますが、ここ数年で肝機能が充分ではない人々が増加傾向にあるということが判明しています。
ばい菌やウィルスなど病気を招く病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺へ進入し発症してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こした事態を「肺炎」と呼ぶのです。
骨折したことにより酷く出血した状況では、血圧が急降下して眩冒やふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる気絶などの脳貧血の症状が見られる場合があります。
いんきんたむしという病気は20~30代の男の人多く見られる傾向があり、よくあるパターンとしては股間の周辺だけに拡大し、激しく運動したり、お風呂上りなど身体が温まると強烈なかゆみを引き起こします。

通常は水虫は足、こと足の裏に現れる病気だという認識が定着していますが、白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので

通常は水虫は足、こと足の裏に現れる病気だという認識が定着していますが、白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので、全身どこにでもかかる危険性があるので気を付けましょう。
「とにかく時間がない」「面倒な人との付き合いが多すぎる」「あらゆる技術や情報の進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる主因は一人一人違うようです。
セロトニン(5-HT)神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを抑制し、器官の覚醒などをコントロールしていて、大鬱病の患者さんではその作用が低減していることが分かっているのだ。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素が極めて強大な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と一方は毒の低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2種に分けられるのです。
手ごわいインフルエンザに適している予防法や治療法というような基本の措置そのものは、それが季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでも同じです。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が細くなって、血液の流れが途絶えて、酸素や大事な栄養を心筋に届けられず、筋細胞そのものが機能しなくなる重い病気です。
今、若年層で咳が続く結核に抗える免疫力、すなわち抵抗力の無い人々が増加傾向にあることや、受診が遅れることが原因の集団院内感染(アウトブレイク)が多くなっているようです。
今時の手術室には、御手洗いや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、手術中にレントゲン撮影するためのX線装置を用意するか、近い所にレントゲン用の専門室を備えるのが慣例となっている。
痩せたいために摂取カロリーの総量を控える、食べる量が少ない、そのような食生活を続けると結果として栄養をも不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘引していることは、色んなところで言われているのです。
針を皮膚に刺す、という物体的な刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスという名前の要は電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと言われています。
筋緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首の凝り、張りが原因の最も一般的な頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強い頭痛」「頭が重苦しいような耐え難い頭痛と言われることが多いようです。
体脂肪の量には変動がなく、体重だけが食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するような時、体重が増えたら体脂肪率は低下し、体重が減った人は体脂肪率が高くなるのです。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を有していない方でも取り扱うことのできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの指示通りに使うことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての絶大な治療効果を患者に与えます。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日きちんと服薬すれば、一般的に約90%の患者さんの自覚症状は消えますが、食道の粘膜の炎症自体が快癒したとは言い切れません。
いんきんたむしというのは、医学的に股部白癬と称されている、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)、股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、定着してしまう病気で水虫です。

世界保健機関は、有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患を招くとして、18歳以下の男女が日サロを使用する活動の禁止を

世界保健機関は、有害なUV-Aの異常な浴び過ぎが皮ふ疾患を招くとして、18歳以下の男女が日サロを使用する活動の禁止を強く世界中に求めています。
腰などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨と背骨の間にあるクッションに近い働きをしている椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の線維軟骨が突出してしまった症状の事を指します。
陰金田虫(インキンタムシ)は20代~30代の男性に患者が多く、大抵の場合は股間の周辺だけに拡大し、運動をしたり、入浴後のように体がポカポカ温まると激しいかゆみがあります。
自転車事故や高所からの転落事故など、非常に大きな外力が身体にかかった場合は、複数個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、ひいては内臓が損壊することもままあります。
もしも婦人科の検査で危惧していた通り女性ホルモンの量が基準値よりも少なくてPOFだと判明した場合、不十分な女性ホルモンを補てんする医術などで緩和が期待できます。
薄暗い所だと光不足のため見るのが難しくなりますが、より一層瞳孔が開くため、水晶体のピントを合わせるのに余分なエネルギーが消費されてしまい、結果的に日の差す場所で物を見るより疲労がおおきくなります。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に売られる、まったく同一の成分で経済的な負荷を低くできる(金額が高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素の機能的な製造を促しているかもしれないという可能性が明らかになりました。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)という名称で、白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、お尻などの部位に何らかの理由で感染、寄生してしまう感染症で俗に言う水虫です。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する後追い調査の結果からは、体の大きな成人に比べて体の小さい子供のほうが漏れてしまった放射能のダメージをより受容しやすいことが理解できます。
自分で外から眺めただけでは骨を折ったかどうか自信がない時は、ケガをした箇所の骨をごく弱い力で触れてみて、もしその位置に強烈な痛みが響けば骨折の可能性があります。
シルバー世代の人や慢性的な病のある人などは、一際肺炎になりやすくて完治までに時間がかかる傾向があるため、予防する意識や迅速な治療が必要になります。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特性があるので大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破壊するなど、肌に良くない影響を与えています。
男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても大きく関係し、前立腺にできてしまった癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)の力で大きくなってしまうのです。
内臓脂肪の多い肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、高血糖の中で2項目か3項目全てに当てはまるような状態のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と名付けました。

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、高齢化といった複数の素因が絡むと、インスリン分泌が

過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、日々のストレス、高齢化といった複数の素因が絡むと、インスリン分泌が減少したり、機能が落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
一見すると「ストレス」というものは、「溜めてはいけない」「除去すべき」ものと考えがちですが、本当は、我々人はこうしたストレスを感知するからこそ、活動し続けることが可能になっています。
健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害な紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮膚疾患を招くとして、18歳以下の若者が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使うことの禁止を主に先進国に喚起しています。
体脂肪量(somatic fat volume)に変化がないのに、体重だけが食物摂取や排尿等で短時間で増減するようなケースでは、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高まることがわかっています。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、通常は腹痛・吐き気・下痢に見舞われる程度ですがバイ菌の感染によるものの場合は相当ひどい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度台の高熱も出るのが特徴なのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で比較的子供に多く起こる病気です。激しい耳の痛みや38度台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(じろう)などが現れるのです。
男性だけにある前立腺という臓器は生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)が密接に関係していますが、前立腺に出現してしまったガンも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)の力で大きくなってしまいます。
今、若い世代で結核(けっかく)に抗えるだけの抵抗力の無い人たちが増えたことや、受診の遅れが素因のアウトブレイクや院内感染が増えていると言われています。
期外収縮は、健康な場合でも出ることがあるので難しい心臓の病気とは限らないのですが、発作が数回次から次へと起きる場合は楽観視できません。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる化学物質が、肝臓の持っている解毒酵素の自然な生産を支えているかもしれないという事が明らかになりました。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が失効した後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で経済的な負荷が少なくて済む(クスリ代が安い)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
下腹部の激しい痛みを主訴とした主な疾患には、大腸粘液が複数個所突出する大腸憩室症、腎や膀胱などの尿路結石症、潰瘍性大腸炎(UC)、重篤な症状を示す急性腹膜炎、卵巣の病気等がみられます。
吐血と喀血は両方とも口から血を吐くことですが、喀血というのは咽頭から肺へと至る気道(きどう)から血が出る症状で、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある消化管から血が出る病状を示しているのです。
内臓脂肪型の肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2つ以上に一致する様子のことを、メタボリック症候群と呼びます。
メタボリックであるとは言われていなくても、臓器に脂肪が溜まるパターンの悪質な肥満症を持ってしまうことに縁って、いろんな生活習慣病を引き起こしやすくなります。
カテゴリ
広告




検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR